高校留学は仕事をするようになった時に創造力を発揮する事が出来る

手に世界地図

Pick Up

高校留学をして得られるメリット

地球

高校留学は良い事がたくさんありますので、ぜひ興味のある方はこちらをご覧になってみてください。いまではかなり費用を抑えて高校留学を行うことができるので、今後の人生のためにもぜひ経験しておいてください。

高校生の時に海外に留学するのは生活面などいろいろと不安があるので反対という人は少なからずいます。しかし高校留学をする事によって得られた経験が大人になって必ず役に立ちます。そのため高校留学をすると将来的な事を考えるとメリットになる事が多いです。
高校留学をするメリットはまず英語を身に付ける事が出来ます。高校で英語の授業を受けたり英会話で勉強する事も出来ますが、実際に海外に留学して外国の人と英語でコミュニケーションを取ると身に付き方というのが全然違います。そのため効率良く英語を身に付ける事が出来て将来仕事をするようになった時に役に立つ事が多いです。
高校留学をすると英語を身に付ける事が出来る他に海外の文化を学ぶ事が出来ます。海外の文化は日本と似たような部分もありますが、時には全然違うという事もあります。そこで日本とは違う文化を体験する事によって考え方の幅も広がります。そのため将来仕事をするようになった時にいろいろな創造力を発揮する事が出来ます。
高校留学は長期のプランと短期のプランがあるので夏休みなど長期休暇を利用する事も出来ます。そのため自分に合った留学方法を選んで高校留学をすれば必ず生きてくるので将来に役に立ちます。

高校留学のタイミング

高校留学をするときのベストタイミングは、中学校卒業と共に留学するのが最も良いといえます。殆どの国において中学校までの教育プログラムはほぼ同じで、国語や数学など、所謂総合5教科が中心となっています。しかし、高校以降となると話は違ってきます。
例えば、オーストラリアなどの高校のなどにおいては、総合5教科に加えビジネスや政治学、テキスタイルやデザインなど合計して40を超える選択教科が追加されていきます。そして、総合5教科に加え選択教科の基礎的勉強を高校の一年間で勉強していくのですが、中学校卒業と共に留学していれば、他の生徒と共にほぼ同じところから学んでいけるので学力の差が出にくくなります。また、ただでさえ語学の差があるので、なるべく差を無くすためにも、中学校卒業と共に留学するのが最も適している時期だといえるのです。
いずれにしても、留学先の学校を卒業する事を視野に入れているのであれば、少なくとも高校2年までには高校留学をしておく必要があります。それに、この世代の年齢差は1~3歳のであっても意外とギャップもあり、学校生活、勉強共にやりずらさを感じることでしょう。ですから、高校留学をするならば、中学校卒業と共に留学するようにするといいでしょう。

高校留学にて必要な費用とその内訳

学校で学ぶとなると、もちろん様々な費用は必要です。日本の高校でも、それは全く同じですね。少なくとも学校に対する授業料は、間違いなく支払う事になります。
それで高校留学を検討すると、その具体的な数字が気になる事もあるでしょう。1つの目安としては、240万円前後になります。その内訳は、次の通りです。
まずある海外の高校の場合は、授業料は100万前後と設定されています。ちなみに1年間の料金です。
それと、ホームステイの料金もあるのです。ある業者の場合は、48週間前後のステイをする時には、同じく100万前後の料金が発生します。ちなみに個室付きで3食がある時の料金です。
またホームステイを手配する為には、高校留学のサポート会社を利用するケースが殆どです。手配を代行してくれるのです。その為の手数料が、6万円前後になります。
その他にも、様々な諸費用が存在するのです。向こうの国に移動する為の費用は数万円前後かかりますし、上記の高校留学サポート会社によるサービスを受ける為には、同じく数万円ほど必要です。そのトータル費用が、240万前後なのですね。ですので授業料とホームステイの料金の割合が、かなり高いのは明らかでしょう。
なお240万という数字は、あくまでも1つの目安です。もちろん学校により授業料も異なるので、高校留学は多少の金額差が生じる事はあります。

TOP